学部・大学院 -faculty & graduate school-
home学部・大学院国際経営学部(APM)教員の研究から理解するAPMの学び

国際経営学部(APM)
教員の研究から理解するAPMの学び

劇的に変化するアジア太平洋地域のビジネスを探る。 戦略的思考力と豊かな国際感覚を持つ、ビジネスリーダーに。

中国やインドに代表されるように、大きく変貌するアジア太平洋地域のビジネス。
そのダイナミズムにふれ、新たなアプローチを行う研究が、APMでは繰り広げられています。

安定した国際経済を支える、 金融機関のリスクマネジメントを。

●主な担当科目/オペレーションズ・リサーチ、金融リスク管理研究
●研究領域・研究テーマ/リスクマネジメント、商学

銀行やクレジットカード会社といった金融機関におけるリスクマネジメントを研究しています。一般的に投資活動におけるリスクとは、期待される収益からどれだけの「ぶれ」が予想されるかを指します。企業の倒産または個人破産のようなリスクは確率により測られたりします。私は様々なリスクを数学や統計学の手法を使ってどのように測り、モデル化するかを研究しています。

従来こういった研究は、主に金融工学の分野や保険数学の分野で行われてきました。私の研究はこうした既存の手法に、過去のデータを使って統計学的にリスクを数量化する方法を加え、それぞれの成果を融合させることを目標としています。

いま世界の金融業界では、それぞれの金融機関が独自のリスクマネジメント基準を設け、それによって生じた損失に関して自己責任を持つという方向で国際的な規制が進められています。つまり各金融機関が確固たるリスクマネジメントを行うとともに、投資家もまた金融機関のリスクマネジメント指針を理解したうえで取引を決定する必要が生じてきていると言えます。こうした状況において、私の研究の進展は大きな意義を持っていると言えるでしょう。
こうした「実用的」な側面はもちろんのこと、現実の経済や金融の動きをモデル化する研究は、常に最適解が存在するわけでもない点も学問としての大きな魅力です。またこうした学びを通じて得た金融に関する知識と統計手法は、金融機関のみならずあらゆる企業に応用できるものです。

私自身も、国際的な金融機関での勤務を経て、リスクマネジメントに関するコンサルティングを行う会社を経営してきたという経歴があります。またAPMには、国際ビジネスの実務経験をお持ちの先生がたくさんいらっしゃいます。こうした「ビジネス現場」の経験に裏打ちされた学びができることが、APMの魅力の一つでしょう。さらに世界から集まった学生から各国・地域の経済や金融の事情、株価や為替の動きについて情報交換するといったことも日常的です。

こうした恵まれた環境のAPMで学んだ学生たちのネットワークは今世界へと広がっています。世界の経済発展を担い、それによって世界平和に寄与する国際ビジネスマンとなるためにぜひAPMで学んでいただきたいと考えています。

学部・大学院関連情報
, 学部・大学院関連情報

4 OPEN