入試情報 -admissions-
home入試情報Q&A 特別入試

Q&A 帰国生徒入試/編入学・転入学試験

帰国生徒入試A、帰国生徒入試B

「専願」の入試ですか?

専願ではありません。本学の他の入試方式、また他大学入試との併願受験も可能です。

海外の学校に在籍しているため、面接を受けに日本に来ることが困難です。

APUの帰国生徒入試Bは、書類選考とオンライン面接で合否を判定する入試方式です。海外から出願書類を直接送付し、そのまま海外で面接試験を受け結果通知を受け取ることが可能です。出願の際には、出願資格に十分注意してください。

高校の課程に相当する3年間、外国の学校に在籍しました。「帰国生徒入試A、B」の他に、海外経験が活かせる入試方式はありますか?

本学のAO入試では、海外での学習成果や諸分野での活動実績を積極的に評価します。具体的には 以下を参考にしてください。

●高等学校を2017年1月1日から2019年3月31日までに卒業または卒業見込みの方
→AO入試「活動実績アピール方式」(日本語基準)のカテゴリーAに出願できます。

●TOEFL iBT® Test 61点以上、TOEIC® L&R TEST 700点以上、IELTS (Academic Module) 5.5以上、英検® 準1級等のスコアを持っている方
→AO入試「英語基準AO方式」(英語基準)での受験が可能です。

日本語基準で入学した場合、英語で学修することはできないのですか?

入学基準言語にかかわらず、「英語」で開講される科目を履修することが可能です。


2回生・3回生編入学・転入学試験

外国の大学の出身ですが、編入学・転入学できますか?

外国の大学・短期大学・専門学校等の出身者および通信教育課程出身者も出願可能な場合があります。出身(在籍)学校に関わらず、出願に先立ち出願資格の事前審査を受けていただくことが必要です。詳しくは「立命館アジア太平洋大学への2回生・3回生編入学・転入学について」で確認してください。

日本国籍を持っていない受験生はこちら