RA(Resident Assistant)とは

レジデント・アシスタント(RA)とは、寮生がAPUや別府での暮らしを始めるにあたって、必要な支援をする学生団体のことです。RAは各フロアに2名配置され、新しい寮生がAPハウスに到着すると、施設や居室の利用方法について説明をします。また、RAが中心となって、そのフロアの交流イベントを企画し、新寮生がAPハウスで学習生活を確立するために必要な支援を行います。
寮生は寮生活で困ったことや大学生活についてわからないことがあれば、いつでもRAに相談する事ができ、RAは寮生にとって心強い存在です。

  • RAは半年ごとに募集し、書類と面接による選考で決定します。
    任期は1年間で、奨学金として月額2万円が支給されます。
image

RA研修

セメスター開始前にRA全員が参加する、1週間程度の研修を行います。
新寮生をサポートするために、RAに必要な基本知識を身につけるとともに、コミュニケーション能力や救命講座なども受講します。

ピックアップ&部屋案内

初めてAPハウスにやって来る新寮生が、スムーズにAPハウスライフをスタートできるように笑顔でサポートします。

image
image

オールミーティング

毎週火曜日に全RAが集まり、ミーティングを行います。よりよいAPハウスになるように真剣に話し合います。
RAのミーティングは日英2言語に対応しています。

寮祭の企画運営

APハウス全体が盛り上がる一大イベントの企画運営をします。寮生同士が様々な文化を紹介し合い、理解を深め絆を強めます。フロアマネジメントをしながらの準備は大変ですが、最後には大きな達成感が味わえます。

image
image

フロアイベント・棟イベントの実施

各フロアでのパーティや棟ごとのイベントを企画し実行します。 寮生一人一人に楽しく充実した寮生活を送ってもらうのは、RAの大きな目標の一つです。 このイベントを通して寮生同士は仲良くなり、異文化交流、異文化理解がすすみます。

フロアミーティングの実施

毎月1回、自分の担当するフロアの寮生全員とフロアミーティングを実施します。コミュニケーションの場として、連絡事項伝達の場として、フロアミーティングはとても重要です。フロアミーティングの後には1品持ちよりパーティーなどの交流イベントを開催することもあります。

image
image

ゴミ巡回

当番制でRAの3〜4名がローテーションで毎晩行います。各フロアから出されるゴミの分別が正しく行われているかをチェックします。 国によって分別の仕方は様々です。ゴミ巡回をしていると分別の考え方にも多様性があることに気付かされます。