Q&A ーAPハウスの疑問についてお答えしますー

Q

入寮時に必要なものは何ですか

A

APハウスには様々な備品が初めから備え付けられています(→詳しくはコチラ)ので、服などの生活必需品だけを持参し、あとは別府に来てから揃えていくのが良いでしょう。
例えば、自炊をする場合には、フライパンや鍋などの調理器具を揃えなければいけませんが、IH対応のものでなければ利用できません。
そのため、APハウスに入寮した後、必要な物を揃えていくのが一番効率が良いでしょう。

Q

入寮時にあったら便利なものはありますか

A

APハウス内で履くスリッパなどがあると便利でしょう。

Q

靴箱には何足収納することができますか

A

約8足収納することができます。
また、1つ1つの靴箱の大きさを自分で変えることが可能ですので、ブーツなども収納できます。

Q

APハウスでの食事はどうしていますか

A

APハウスでは食事の提供はありません。
多くの寮生は共同キッチンをうまく活用し、数人で食事を作ることで交流の促進やお金の節約をしています。 また、カフェテリアも夕方まで営業しているため、そこで済ませることも可能です。

Q

食材等の買い物はどうしていますか

A

APハウスには、野菜などの出張販売が来てくれています。
必要最低限のものはそこで調達し、必要に応じてスーパーへ買い出しに行くというのが多いようです。

Q

APハウスでの洗濯はどうしていますか

A

コイン式の洗濯機と乾燥機を各階(フロア)に備え付けており、利用が可能です。(洗濯:1回100円、乾燥:30分100円)
但し、騒音の元になるため、利用は決められた時間帯に限っています。

Q

居室内でインターネットへの接続はできますか

A

パソコンを持参すれば、各居室内で利用が可能です。
また、APハウスにはパソコンやプリンターを常設したインターネットルームがあるので、そちらを利用することもできます。

Q

シャワールームと浴室の利用について教えてください

A

シャワールームは24時間利用が可能で、各階(フロア)に数室備え付けられています。
また、浴室は月曜日を除く17時〜24時まで利用できます。

Q

居室やルームメイトはどのように決まるのですか

A

公平に部屋割りを行うために、特別な事情が無い限りは全て入寮時にランダムに決めています。

Q

門限はありますか

A

APハウスには、門限や就寝時の点呼等は一切ありません。
寮の入口は防犯上24時間オートロックですが、寮生は学生証で開錠できるため、いつでも出入りが可能です。なお、寮外生の滞在は22時までとなっています。

Q

APハウスで国内学生も暮らせますか?

A

APハウスは国際学生と国内学生が共に生活する学生専用居住施設ですので可能です。居室は、国際学生と国内学生が2名で利用する間仕切りつきのシェアルームタイプと個室タイプがあります。
国内学生の新入生は、入試の出願時にAPハウスの入寮者の募集を行っています。詳しくは入学試験における選考方法をご覧ください。

Q

APハウスに入寮する場合の手続や選考基準は何ですか?

A

入学試験における選考方法をご覧ください。

Q

APハウスの規則を教えてください。

A

基本的なルールとしては、以下などがあります。

  • 来客(両親・兄弟・友人を含む)を宿泊させない
  • 騒音を出さない
  • 館内全面禁煙(APハウスの中庭にある決められたスペースのみ可)
  • 入寮者は24時間出入り自由ですが、入寮者以外の入館時間は8時から22時まで

Q

国内学生がAPハウスで暮らす場合の寮費(一般居室)を教えてください。

A

入寮期間は原則11ヶ月(春入学の場合は3月中旬、秋入学の場合は9月中旬〜8月末日)です。
入寮前に入寮費32,000円、敷金98,000円、2ヵ月分寮費98,000円(共益費等込み)の計228,000円を支払います。入寮後は、毎月当月分寮費を支払います。敷金は入寮時に一度支払っていただく費用になり、退寮時の室内清掃や修繕費用として預かり、退寮時に精算をします。

Q

RA(レジデント・アシスタント)とはどのような制度ですか?

A

RAは、APハウスで共に生活しながら、初めて日本に来る留学生が日本での生活を円滑に行なえるように、寮生活全般にわたるサポートを行う学生スタッフです。
それ以外にAPハウス内の学生間交流を促進する活動や各種イベント(歓迎イベント、年末イベントなど)もRAが主体となって行なっています。 RAの任期は1年で、費用については入寮者と同じですが、リーダーとしての責務を果たすみなさんを応援することを目的に、奨学金として月額2万円を給付しています。

Q

RAには定員はありますか? またどのように募集されているのですか?

A

RAは2018年5月1日現在各フロア1〜2名ずつ、計63人が定員となっており、国際学生・国内学生がおよそ半数ずつ任務にあたっています。
「国際学生を含めた新規入寮者をサポートする」という役割上、新入生よりも在学生の方が適任との考えから、入学後、半年以上在籍している学生を募集対象としています。
募集は半年ごとで、募集される人数は都度異なります。
また、学年別などの定員は設けていません。
募集の告知は、APUスチューデントオフィスがキャンパス内の掲示板などで行なっています。

Q

RAに選考基準などはあるのですか?

A

現在のRAの選考には、書類審査と面接があり、RAの業務を行う上で適性がある学生が大学から任命されています。
また、応募の条件としては、日本語・英語の両言語において高いコミュニケーション能力があり、勉学及び自主活動に積極的に取り組みつつ、それらとRAの業務を両立させる意欲と情熱を有する学生であることなどが挙げられます。

Q

RAになるには半年以上の在籍が条件ですが、RAに応募して選ばれた場合、それまで住んでいたアパートの部屋や家具などはどうすればよいのでしょうか?

A

ご自身で対応していただく必要があります。
それまで住んでいた部屋は契約の解除が必要でしょう。
また家具等は友達に譲ったり、バザーに出す学生もいるようです。
RAへの応募をめざす方は、この点も踏まえて入学後の計画を立てられることをおすすめします。

Q

APハウスには入寮者用の駐車場、大型バイクがおける駐輪場などはありますか?

A

APUでは車での通学を認めていないため、入寮者用の車の駐車場はありません。
ただし、大型バイクを置ける駐輪場はあります。