留学 -study abroad-
home留学Q&A 長期留学

Q&A 長期留学

国内留学と海外留学の両方をすることは可能ですか?

可能です。ちなみに国内留学は立命館大学(キャンパス所在地/京都・滋賀)への留学になります。国内留学には、例年20名前後が参加しています。

APUの海外留学制度はどのような仕組みになっているのですか?

APUの留学制度は以下のようになっています。

  1. 交換留学
    APUと学生交換協定を締結している大学への留学。大学に在学している年数にカウントされ、単位認定をおこないます。学費はAPUにのみ納入します。
    単位認定:本人からの申請に基づき、審査によって認定されます。
  2. 個別合意に基づく留学
    学生個人が留学先を見つけて留学するケース。大学の正規課程に留学することが条件です。大学に必要書類を提出し許可される必要があり、大学に在学している年数にカウントされ、単位認定をおこないます。学費はAPUと留学先の両方に納入する必要があります。
  3. 休学(海外渡航)
    学生個人が留学(渡航)先を見つけて留学するケース。ESLなど語学学習のための機関への留学でも可能です。ただし勉学のために許可されるものですので、審査のうえ大学に必要書類を提出し、許可される必要があります。大学に在学している年数にはカウントされません。単位認定もされません。APUには審査・事務手数料、在籍料を納入する必要があります。また、留学先には必要な学費を納める必要があります。

留学の選考はどのようにおこなわれるのですか?

留学するためには、1年以上APUに在学し、所定の成績審査・申請書による書類審査・面接審査に合格する必要があります。また、海外の大学への交換留学の場合は、それに加えて、ある一定レベルの言語能力が必要です(例えば、通常TOEFL(R)スコア550~580点が求められます)。海外留学を希望されているのでしたら、現段階から留学先の言語能力の向上に努めておくと良いでしょう。

その他、留学の詳細については、入学後のオリエンテーション等で随時説明します。

留学関連情報
, 留学関連情報

4 OPEN