留学 -study abroad-
home留学First

FIRST(1回生向け異文化体験学習プログラム)

海外文化体験(単位取得可能)First(1回生対象) 期間 : 6月(3泊4日)

「FIRST(Freshman Intercultural Relations Study Trip)」プログラムは、1回生向けの海外学習入門プログラムです。2007年度より開始し、韓国、台湾、香港、日本にて実施し、これまでに500名以上の学生が様々な体験をしてきました。「FIRST」プログラムの最大の特徴は、学外実習で取り組む「異文化オリエンテーリング」で、少人数のグループごとに自分たちの力で目的地を目指し、現地でアンケート調査などのリサーチ活動を行います。渡航国出身のTA(Teaching Assistant)が同行しますが、実習中は参加学生のリードで行程を進みます。

世界の言語、文化やその地域の人々との交流に興味を持ち、APUの国際的な学習環境やキャンパスライフを最大限に活用したいと考える学生に最適のプログラムです。交換留学などの海外プログラム参加を目指す学生にもおすすめです

目的地は「くじ引き」で決まる!?

「FIRST」の最大の特徴は、慣れない土地・文化・言語の中で、体当たりしながら調査活動を行うことです。学生たちは少人数のグループに分かれ、事前授業で学んだ韓国語を駆使しながら、「くじ引き」で決まった目的地へ向かいます。到着後は、事前に設定した各自の調査テーマに基づきアンケート調査を行います。

FIRSTの狙い

こうした「異文化オリエンテーリング」を通じてこれからの4年間の学習の方向性を見つけることです。各グループ、先輩学生1名がティーチング・アシスタント(TA)として同行するものの、危機管理以外のサポートは基本的に行わず、学生自身で考え、行動させるようにします。学生たちは、地元の人々と接する中で、相手にしてもらえなかったり、アンケートを断られたりと、何度も「心が折れる」経験をしました。しかし、それをチームワークで乗り越えながら、行動力・判断力・責任力を培い、異文化コミュニケーションの第一歩を踏み出していくのです。また、グループ学習により、新たな視点の発見や対人関係を築く上で必要な力も養っていきます。

FIRSTまでの道のり

1.事前授業(出発1ヶ月前)

担当教員の指導のもと、現地調査のテーマ設定や危機管理ガイダンスの受講など、準備を行います。

2.いよいよ、実習スタート!(4日間)

目的地は、現地到着後に「くじ引き」で決定!ドキドキの瞬間・・・。

3.地図を片手に、カタコトの韓国語と仲間とのチームワークで、目的地を目指します。

到着後は、各自の調査テーマに基づきアンケート調査を開始。

4.1日の終わりに

一日の締めくくりとして、毎晩、振り返り学習を行い、その日の気づきや反省を共有し、翌日の活動へ繋げます。

5.目的地に到着!!

目的地に到着後は、事前に立てた課題をもとに、アンケート調査などの調査活動を行います。200枚以上のアンケートを回収するために、500人近くの人に声をかけます。

6.帰国後

帰国後、調査結果を発表し、担当教員によるフィードバックを受けます。プログラムを通じて、参加者は異文化理解を促進させ、今後のAPUでの学習の方向性を見つけていきます。

留学関連情報
, 留学関連情報

4 OPEN